ブログ・お客様の声

脳トレ麻雀教室 愛知県豊田市 認知症予防

 

 

 

 

 

麻雀で脳を活性化!最高の認知症予防は麻雀だった!?

 麻雀初心者のための

 脳トレ健康麻雀教室

          楽しく脳トレ!楽しく認知症予防!

 

最近メディアでも話題の麻雀

麻雀はニュースや新聞にも多く取り上げられるほど、認知症予防への効果が期待されています。

また、何歳になっても楽しむことができ、皆で盛り上がれるゲームです。

「100歳の青春」を目指す当センターならではの脳トレ健康麻雀教室!

独自の「センター式麻雀プログラム」を開発し、麻雀をやったことのない方でも楽しく覚えることができます。

実は健康マージャンをすると脳の血流増、脳年齢が3才若くなるといわれております。

最近では、「賭けない・飲まない・吸わない」を三原則とした健康麻雀は女性やシニア層を中心に新しく初める人が増えてきています。

 

 

 

麻雀が楽しい理由

① 認知症予防に効果的

② 何歳になってもできる趣味づくり

③ 新たな仲間ができる

④ 奥が深く、飽きない楽しいゲーム性

 

 

麻雀が脳トレに向いている理由

 

1.手作り・役作り

麻雀は、同じ牌が4枚ずつ34種類、136枚の麻雀牌があります。
牌による組み合わせは膨大ですから、中々同じ手はきません。
4面子1雀頭で構成される役(七対子は例外)を作る必要があり、いつも同じ牌が来るとは限りませんので無限の可能性があります。
この上がることのできる役の知識と効率の良い牌の選択が麻雀の大きな醍醐味のひとつであり、これだけでも脳の活性化に繋がります。

 

2.計算

上がるときに、自分の役や上がり点数を計算します。
自身の点数と他3人との点数の差を計算し、それに対して自分の上がる役を決めることにより前頭前野が活性化し、鍛えられると言います。

 

3.コミュニケーションがとれる

4人で行い、同じゲームの為コミュニケーションが取りやすくなります。
また色々な会話をし、相手を観察し相手の癖を見抜くことにより、ゲームを有利に進めやすくなります。
相手を観察いうことは、相手に興味を持つこと。非常に頭脳を使うポイントになります。

 

4.ゲームのテンポに対応する

ゲーム中は、順番に番が回ってくるので、テンポ良く自分の番を遂行することがポイントとなります。また、ポンやチーの鳴きと呼ばれる動作で自分の順番が飛ばされたり逆に回ってきたりと、目と耳を働かせる必要があります。

 

5.あまり使わない指先を使える

普段の私生活ではなかなか指先を意識して使う機会があまりありません。麻雀牌は少し小さめで指先を使わないと牌が掴めないため、常に指先使わなければなりません。手先の触覚も脳を活性化させる要因のひとつとなります。

 

当センターでは、
東海地区、愛知県名古屋市や豊田市を中心に岡崎市、刈谷市や岐阜市など、少しでも多くの方が健康で楽しい生活が出来るようにと 使命を持って活動しております。

 

 

 

 

 

 

豊田健康生活センター
〒471-0075 愛知県豊田市日之出町2-16-14
TEL:0565-31-9862   FAX:0565-31-9863
営業時間:10:00 ~ 18:00  定休日:日曜日・祝祭日

pagetop